Webリニューアルとご報告 2015

2015-01-19 by micabando

ようやく、ウェブサイトをリニューアルすることができました。

帰国して5年。
今回こうしてまとめてみて帰国した時には見えなかった、自分自身の音楽活動が少しずつ重なって、今のカタチへと繋がってきている気がしています。一つ一つはそれぞれ違った方向性、顔つきを持っていたりして、さらにまだまだ私の頭の中にはいろいろと企みはあるのですが、少しずつこのページでご紹介していけたらと思い、こうして新しい出発をすることにしました。

今回まず目に飛び込んでくる、絵。親愛なる益子悠紀さんが、書いてくれました。私が作業している場所を思い描いて書いてくれたそうです。それぞれのページにも、彼女の細やかな絵がたくさん、たくさん。元気をなくしたときも、きっと彼女の絵に私が励まされる、そんな気がしています。

そして、全ての情報とウェブの構成を、アメリカ時代にお出会いできた大切な友人のsawakoさんが担当してくれました。いろんな方向へ向いている私の活動を、sawakoさんの広い視野でぐぐっと束ねてもらいました。彼女なしでは、今回のウェブサイトは完成できませんでした。

お二人にはこの場を借りて、心より感謝を伝えたいです。

そして、ウェブサイトでご紹介している私の写真を撮ってくださったのは、大沼ショージさん
今回はじめて撮っていただいたのですが、実はアメリカに居た頃から大沼さんのお写真を拝見していて、大好きだったんだと気が付くストーリーも発覚。とても愉しい撮影でした。

+ + +

ここ「Note」のページでは、音楽活動に関してはもちろん、日々出会う「ひと」や「できごと」をマイペースに綴っていけたらと思っています。現在はFacebookともリンクをしていますので、気ままに訪れていただければ幸いです。

+ + +

最後に。
ワタクシ、mica bando。母になります。
昨年10月頃にお腹に新しい命を授かりました。
日々変わりゆく自分の身体をとても神秘的に感じながら、ようやく安定期と呼ばれる時期に辿り着き、幸せな気持ちも抱きしめられるようになってきたところです。

五合目まできた妊婦生活、まだまだ気は抜けません。一日一日を大切に、今ここに宿ってくれている命と向き合って過ごしたい。これまで感じて来た感性と、ここから育つ感性と、混沌と混ざってゆくプロセスも楽しめる余裕なんてあったらいいのだけれど、今のところそんな余裕はない毎日です。それでも母になることで、自分の価値観がどう変わっていくのか、音楽自体もどんな風になっていくのか、私自身楽しみです。

これまた遅過ぎますが、2015年に向けてのご挨拶とご報告と。
これからもどうぞ、mica bandoをよろしくお願いします。